【けいおん!!】  唯 「ホクにゃん」

おたじゅうぶろぐのRSS フォローお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | コメント(-) | はてなブックマークに追加

【けいおん!!】 唯 「ホクにゃん」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 08:51:58.16 ID:aUoE97450

                -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
             /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
            r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
            |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
            !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
           ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
          . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |   「ちょ、唯先輩!抱きつかないでくださいってば!」
          /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
          |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
          |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
          |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::|
          l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
              |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
              |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
              l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
              / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 08:52:50.55 ID:jO3b0E2r0

邪悪過ぎる




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 08:53:24.29 ID:IDTXVYp5O

オリジナルより可愛い



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 08:54:31.93 ID:stSO+PM7O

Oh……



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 08:57:41.34 ID:PallClJo0

わりと好き



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 09:21:04.55 ID:AR+ostLGO

唯に抱きつかれた時口では嫌がりつつこういう顔してるだろ



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 10:09:28.91 ID:3EOnDecV0

ホクにゃん可愛い




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 11:01:19.14 ID:fJQbVtrZ0

ホクにゃんってなに?



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 11:07:21.05 ID:YYIjUBUMO

ホクホクしたあずにゃん



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 12:03:16.30 ID:wfweHgQR0


      -‐..: :  ̄ ̄ : : : ...、、            -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、 
   /: : : /.: : : : : : : : :ヽ: : : :ヽ、       /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
  , '´:/: : ,イ: : : : : : : : : : : :ヽ: : : :.\     r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
  |::/\/ |: : : : : :ハ: : : :ヽ: : ', : i : : ',    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
  !:l\/ ̄{: : : : : | ̄`、: : : : : |: :| : : :i    !:l:::::::/ ̄|::::::::::// ̄|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ 
 ノ:|:::/ ___レヘ: : ::|  ___\: :'; :l: :| : : :|    ノ:|::::/  レヘ:::::/  V  ';::|:::::|::::::::::|:::::::.i
. !:::{从rテ示  \| rテ示ュV: ;: l: : : :l   . !:::{从    ∨  r    V::::::|::::::::/::::::::::|
. |: : : リ ヒソ     ヒソ /: : :.!: : : {   /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/::::::|
 l: : :′          /: : 「ノ: : : ハ   |:::::::: ′//      // /:::::::「`)イ::::::::::::|  クンクン
 |: :小、    _    /: : /: : : : : : :}  |:::::::小、   '-=-'   /::::::::::r'´ |::::::::::::::|
. |: : |: :> .. _     .イ: : /: : | : :.i:|: |  |∧:::| l::> .. _ ̄   .イ::::::::::/  |:::::::::::::|
  V!:|: 从::;i:;;_!,勹_ ,.フ_/: :./: : 人 :ノ !/  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
   V ,/:'、:::::/v'yl/;:/:‐‐'- 、         |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│::::::::::|
     /::::r::>:///|| |:::::<:::::::::::::::::ヽ        |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ :::::::::|

      -‐..: :  ̄ ̄ : : : ...、、            -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、 
   /: : : /.: : : : : : : : :ヽ: : : :ヽ、       /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
  , '´:/: : ,イ: : : : : : : : : : : :ヽ: : : :.\     r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
  |::/\/  |: : : : : :ハ: : : :ヽ: : ', : i : : ',    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
  !:l\/  ̄{: : : : : | ̄`、: : : : : |: :| : ::i   !:l:::::::/ ̄|::::::::::// ̄|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ 
 ノ:|:::/ ___ レヘ: : ::|  ___\: :'; :l: :| : : :|   ノ:|::::/ ___レヘ:::::/ ___V  ';::|:::::|::::::::::|:::::::.i 
. !:::{从 rテ示  \| rテ示ュV: ;: l: : : :l   . !:::{从rテ示  ∨ rテ示7 V::::::|::::::::/:::::::| 
. |: : : リ   ヒソ      ヒソ/: : :.!: : :{  /:::::::::リ ヒソ     ヒソ /::::::/::::::/:::::::;;::| 
 l: : :′          /: : 「ノ: : : ハ   |:::::::: ′          /:::::::「`)イ::::::::::::| 
 |: :小、     _    /: : /: : : : ::}  |:::::::小、         /::::::::::r'´ |::::::::::::::| 
. |: : |: :> .. _     .イ: : /: : | : :.i:|: |  |∧:::| l::> .. _ ̄   .イ::::::::::/  |:::::::::::::| 
  V!:|: 从::;i:;;_!,勹_ ,.フ_/: :./: : 人 :ノ !/  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::| 
   V ,/:'、:::::/v'yl/;:/:‐‐'- 、         |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│::::::::::|  
     /::::r::>:///|| |:::::<:::::::::::::::::ヽ        |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ :::::::::|



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 12:20:50.86 ID:RcKwrEA8O

いつ見ても吹く




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 12:39:08.60 ID:yxh+Uruf0


ホクにゃん見てたらなんかSS書きたくなった

このまま誰も使わないなら俺が使わせてもらう





16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 12:43:53.09 ID:B/ZBU/gY0

>>15

唯梓なら書かせてやんよ




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 12:49:31.24 ID:yxh+Uruf0

夏休み・中野宅

梓「うー、ひまー……」

梓「唯先輩は和先輩とお勉強、他の先輩方は何やってるか知らないけど」

梓(去年の夏休みは唯先輩達と一緒に部室に集まったり、唯先輩のうちでギター練習したりしてたのに…)

梓(今年は先輩達受験だから、先輩達は忙しいんだから仕方ないよね)

梓(受験……か)

梓(皆バラバラの大学に行って放課後ティータイムもバラバラになるのかな)

梓(もし先輩達が皆で同じ進路に進んでも、私は1人桜高に残るんだよね)

梓「…………」

 ピンポーン

梓「あ、はーい」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 12:54:17.76 ID:yxh+Uruf0

玄関ガチャ

憂「こんにちは、梓ちゃん」

梓「いらっしゃい、あがって」

憂「おじゃましまーす」


憂「最近どう?」

梓「ぼちぼち、かな」

憂「ぼちぼち、かー」

梓「……」

憂「……」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 13:01:12.11 ID:yxh+Uruf0

憂「あ、そういえばおみやげ持ってきたんだけどね…

 prrrrrr

梓「あ、ごめん。いい?」

憂「ん、構わないでいいよ」ニコ


着信:唯センパイ


梓「あ…」パァ

ピッ

梓「もしもし 唯『あずにゃん聞いて!和ちゃんがケーキの上のイチゴ取ったの!信じられないよね!』

梓「……はぁ」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 13:05:14.88 ID:yxh+Uruf0

 ピッ

梓「ふぅ」

憂「お姉ちゃんから?」

梓「あ、うん。そうなんだけどなんで?」

憂「梓ちゃん、すっごく嬉しそうな顔してるから」




        -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
      /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
      r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
    !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
   ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
  . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |   「え、そうかな?」
  /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
  |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
  |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
  |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::
  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
      |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
      |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
      l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 13:10:34.98 ID:yxh+Uruf0

梓「うー…」

憂「くすくす」

梓「え、え、どうしたの」

憂「さっきまで凄く寂しそうな顔してたからちょっと心配してたんだ」

梓「あ…う、そんな事は…」

憂「わかってるよ。お姉ちゃんに会えないのが寂しいんだよね?」

梓「そんなんじゃないもん」プイッ


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 13:11:34.92 ID:7H6+Pc2c0

ホクにゃんが幸せそうで何よりです




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 13:24:05.70 ID:yxh+Uruf0

憂「もー、素直じゃないなぁ」

梓「だって…」

憂「軽音部の先輩達に会えなくて寂しいんだよね?」


梓「それは、そうだけど」

憂「はい!そんな素直じゃない梓ちゃんに提案があります!」シュピッ

梓「一応聞くだけなら」

憂「お姉ちゃん達を遊びに誘うのってどうかな?」

梓「え、でも唯先輩達勉強で忙しいんじゃ…」

憂「息抜きは大事だよ?お姉ちゃんだってきっと喜ぶから」

梓「それなら……アリ…かな?」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 13:31:03.21 ID:yxh+Uruf0

憂「明日ならお姉ちゃんも空いてるはずだよ」

梓「じゃあちょっとメール送ってみるね」

 ピッピッ


憂「どうだった?」

梓「唯先輩以外は都合が悪いって」

憂「じゃあ2人きりだね」ニコ

梓「2人きり…」

憂「これってデート?」

梓「にゃっ!?」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 13:32:42.43 ID:yxh+Uruf0

憂「梓ちゃん照れてるー」

梓「照れてないよ」

憂「でも凄く嬉しそう」


        -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
      /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
      r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
    !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
   ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
  . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |   「そんな事ないよ」
  /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
  |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
  |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
  |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::
  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
      |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
      |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
      l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 13:43:19.29 ID:yxh+Uruf0

夜・梓寝室

梓(唯先輩、勉強しなきゃいけないのに遊びに連れ出しちゃって良かったのかな?)

梓(でも、来年の春には離れ離れになっちゃうんだもん。明日1日くらいはいいよね!)

梓(2人きり。他の先輩達には悪いけど、楽しみかも)

梓(それにしてもデート……かぁ)


        -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
      /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
     r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
    !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
   ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
  . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |   「うふ♪」
  /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
  |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
  |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
  |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::
  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
      |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
      |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
      l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 13:48:23.39 ID:yxh+Uruf0

あばばばばばばばばばばっばばばばばばば



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 13:49:34.87 ID:pzWLCQf30

ホクにゃんwwwww



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 14:07:25.68 ID:yxh+Uruf0

翌日

梓「待ち合わせ場所に着いたけどやっぱり唯先輩いない」

梓「また寝坊してるのかな、それとも夏フェスの時みたいに…

唯「あーずにゃんっ」ダキッ

梓「にゃっ」

梓「ゆ、ゆいせいんぱいー…」

唯「ごめんね、ちょっと待たせちゃったかな?」スリスリ


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 14:11:17.34 ID:yxh+Uruf0

梓「私もちょうど今来たところです…」

唯「そっか、よかったぁ」

梓「それよりも早く離れて下さい!他の人が見てます!」

唯「うー、折角久しぶりに会えたのに…もうちょっとだけ」ぎゅ


        -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
      /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
     r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
    !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
   ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
  . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |   「もう、唯先輩は仕方ないんだから…」
  /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
  |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
  |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
  |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::
  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
      |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
      |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
      l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 14:17:42.31 ID:LTYEG3R10

AAのゴリ押しで吹いた




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 14:21:58.45 ID:yxh+Uruf0

唯「そういえば」パッ

梓「あ…」ショボン

唯「今日ってどこ行くか決めてるの?」

梓「はっ!?決めてませんでした!」

唯「ノープランだね」

梓「すみません、ちょっと浮かれてて」

唯「いいよいいよ。どこか行きたい所ってある?」

梓「特には……あ、」

唯「?」

梓「ええと……動物園…」

唯「行きたいの?」

梓「…ちょっとだけ」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 14:29:01.83 ID:yxh+Uruf0

唯「じゃ行こっか!」

梓「いいんですか?」

唯「なにが?」

梓「唯先輩は行きたいところ無いのかなって…」

唯「わたし、動物園行きたい!」

梓「…ありがとうございます」

唯「?なんでありがとうなの?変なあずにゃん~」

梓「うぅ// もう、行きますよ!」

唯「あっ、待ってよー」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 14:32:49.06 ID:La27a6evO

とりあえずパンツ脱いでおくわ




55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 14:41:56.97 ID:yxh+Uruf0

唯「あずにゃんや、ちょっといいかい」

梓「はい?」

唯「この辺って動物園あったっけ?」

梓「あ」

唯「あずにゃーん…」

梓「さ、探せば動物園の1つくらい出てくるはずです! …てあれ?唯先輩?」キョロキョロ


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 14:45:28.81 ID:yxh+Uruf0

梓「唯先輩どこに… 唯「じゃんっ!」

梓「わわっ…」

唯「はいコレ!」

梓「カド○ードミ○○?何かのチラシですか?」

唯「さっきそこで配ってたんだ~。新しく出来たんだって。ちょっと動物園とは違うかもしれないけど」

梓「クマとか見れるところでしたっけ」

唯「ここからバスで20分だよ、行ってみようよ!」

梓「行ってみたいかも…」

唯「決まりだねっ」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 14:47:49.76 ID:IDTXVYp5O

カドリードミニオンwww




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 14:49:10.12 ID:TjT1j9JgP

ホクにゃんにゃん!ホクにゃんにゃん!





60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 14:54:51.71 ID:yxh+Uruf0

カド○ード○ニ○ン

唯「うぅ… たかが20分の揺れにも勝てぬとは」

梓「大丈夫ですか?」

唯「こんな山の上なんて聞いてないよ…」

唯「あ、あずにゃんお水ありがとうね」

梓「ちょっとそこのベンチで休んでて下さい。今のうちにチケット買ってきます」

唯「宜しくお願いします…」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 15:01:28.34 ID:yxh+Uruf0

梓「ぐぬぬ…」

ヒョコ 唯「どうしたのあずにゃん?」

梓「唯先輩!もう大丈夫なんですか?」

唯「あずにゃんの手厚い看病のおかげだよ~」ダキ

梓「ちょ、



        -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
      /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
     r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
    !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
   ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
  . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |   「やめて下さい、こんな目立つ所で…」
  /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
  |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
  |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
  |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::
  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
      |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
      |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
      l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 15:07:11.16 ID:yxh+Uruf0

唯「ところでそんな難しい顔してどうしたの?」

梓「それが…その…」

梓「あ!やっぱり他の場所行きませんか?今からでも服見たりとかできます!」

唯「あずにゃん……もしかして」


梓「ギク」


唯「仕方がない、ここは私が立て替えておこう」キリッ

梓「でも…そんな、わるいです…」

唯「大丈夫大丈夫、先輩に任せなさい」キリリッ


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 15:14:29.40 ID:yxh+Uruf0

梓「…………」

唯「あーずにゃん?」

梓「…………」

唯「おこってる?」

梓「怒ってないです」

唯「仕方ないよ。これは事故だよ」

梓「むぅ…」

唯「入場料、こんなに高いなんて初めて知ったね」

梓「だからってこんな……」

唯「もー、私だってお金ギリギリだったんだからね?」

梓「それはいつかお返ししますけど…」

唯「いやーそれにしてもあずにゃんの見た目が子供で助かったよー」

梓「うぅぅ…」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 15:16:50.67 ID:yxh+Uruf0

梓「こんな年にもなって子供料金で入場だなんて…」

唯「もう、拗ねない拗ねない。ほら」

 ぎゅっ

梓「ふぁ…」ホワ


唯「ね?いいこいいこ」


        -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
      /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
     r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
    !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
   ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
  . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |   「はい…」
  /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
  |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
  |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
  |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::
  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
      |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
      |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
      l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 15:24:23.58 ID:XRQpm24C0

ホクにゃんの表情はほんの一瞬しかみせないからコマ送りしないと見れない、その一瞬

をとらえたのがこのAA。




72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 15:30:00.38 ID:yxh+Uruf0

唯「あ、あっちクマいるよクマ!」

唯「かわいーい!あ!エサやれるって」

唯「あの階段昇ったらもっと近くで見れるよ!」

梓「もう、走ると危ないですよ」クス

タタタッ

唯「くーまーさ……ウッ!?」

梓「どうしたんですか?」

唯「く……くさい…」

梓「…本当ですね。ここまでとは」

くま「クマー」

唯「あんなに可愛い姿で人を欺くとは…現実とは斯くも残酷なものか」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 15:39:51.81 ID:yxh+Uruf0

唯「とりあえず」パシャッパシャッ

梓「あ、私も」パシャッパシャッ



   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |  クマー
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)



唯「かわいいねー」パシャッパシャッ

梓「…かわいいですね」パシャッパシャッ

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |  どんどん撮るがいいクマー
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 15:42:28.02 ID:yxh+Uruf0

梓「エサって料金掛かるんですね…」

唯「あ、でも向こうでエサあげてる人がいるよ」


      ∩___∩ 
      | ノ      ヽ  パク
     /  ●   ● |   パク
. ((  |    ( _●_)  ミ
    彡、   |∪}=) ,ノ ∴  クマー
     /    ヽ/^ヽ ヽ  。
     |      ヽ \ |
     |      ヽ__ノ



唯「食べてる!かわいい!」パシャッパシャッ

梓「かわいい…」パシャッパシャッ


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 15:46:05.99 ID:yxh+Uruf0

唯「いっぱい写真撮ったねー」

梓「後で憂達に見せましょう」

唯「かわいかったね~」

梓「かわいかったですね。でも臭いが…」

唯「ちょっとここ離れよっか」

梓「そうですね…」

くま「クマー」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 15:53:24.88 ID:yxh+Uruf0

梓「こっちで赤ちゃんクマが見れるみたいですよ」

グイグイ

唯「あ、あずにゃん?」

梓「ほら、こっちです」

グイグイ

梓「あ!ホラいましたよ!」



           ,:::-、       __
      ,,r::::::::::::〈:::::::::)、______,ィ::::::ヽ
      〃::::::::::::;r‐''´:::::::::::::::::::::ヽ::ノ
    ,'::;'::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     l::::::::::::::::::l::::::::::●::::::::::::::●:::::ji
    |::::::::::::::::::、::::::::::::::( _●_)::::::,j:l   クマー!
    }::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::|∪|_ノ::;!
.    {::::::::::::::::::::::::::::`='=::ヽノ:::::/
    ';::::::::::::ト、::::::::::::::i^i::::::::::::/
      `ー--' ヽ:::::::::::l l;;;;::::ノ
          ヽ::;;;」



梓「かわいい!」パシャッパシャッ


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 15:57:23.08 ID:yxh+Uruf0

梓「あっちには子グマがいますよ!」

唯「なんかテンションあがってるねー」

梓「せっかく来たんだから楽しまなくっちゃ!」



         ;⌒ヽ:;,.,.,,,.,.,.,,,,,;⌒';,
        ,:'           : :、
       ,:'   ''''''     '''''' ::::::::',
       :'  (●),   、(●)   :::::i.
       i      ( ●_)     .:::::i  クマー
        :      |∪|      :::::i
       `:,、     ヽノ     ::::::::: /
        ,:'        : ::::::::::::`:、
        ,:'         : : ::::::::::`:、



梓「唯先輩!子グマですよ!」パシャッパシャッ

唯「かわいいね~」

梓「かわいいです!」

唯(はしゃぐあずにゃんが、ね)


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 16:04:21.30 ID:yxh+Uruf0

梓「ふぅ、たくさん撮りました」

唯「元気だね、ソーヤングだね」

梓「1つしか違わないのに何言ってるんですか…」

 グゥ~

梓「あっ/// 」

唯「あれ?さっきの音ってもしかして」

梓「すみません…」

唯「もうこんな時間だもんね。ちょっと遅いけどお昼にしよっか」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 16:14:24.74 ID:yxh+Uruf0

唯「ありゃー…」

梓「どうかしたんですか?」

唯「入場料金でお金使っちゃって残りはバス代しか無いよ…」

梓「なんだそんな事ですか。お弁当なら私が用意してきました」

唯「行き先は決めてなかったのにね~」

梓「それは言わない約束です」

唯「でも嬉しいよ、さっすがあずにゃん!」

梓「にゃふ」


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 16:19:10.41 ID:yxh+Uruf0

梓「じゃん」

唯「おお、サンドイッチ!たまごしか無いけど」

梓「お出かけの時の定番ですね」

唯「いただきまーす」パクッ

唯「もぐもぐ」

梓「ど、どうですか…?」ドキドキ

唯「おいしい!おいしいよあずにゃん!」



        -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
      /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
     r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
    !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
   ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
  . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |   「お口に合ったみたいでよかったです」
  /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
  |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
  |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
  |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::
  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
      |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
      |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
      l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 16:29:49.25 ID:yxh+Uruf0

帰り道

唯「今日はいっぱい遊んだねー」

梓「あの…今更言うのもなんですけど、本当に良かったんですか?勉強とか」

唯「あんまり根を詰めると疲れてしまいますカラたまには息抜きも必要なのデス」

梓「はぁ…」

唯「それに、最近あずにゃんと会えなくて寂しかったからね」

梓「!



        -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
      /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
     r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
    !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
   ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
  . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |   「そんな…」デレデレ
  /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
  |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
  |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
  |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::
  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
      |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
      |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
      l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 16:39:50.64 ID:yxh+Uruf0

唯「帰るにはまだちょっと早い時間だね。あずにゃんはこれからどうするの?」

梓「私は……」

梓(もうちょっとこのまま唯先輩と一緒に居たいかな…)

唯「私はまだ帰りたくないかな~」

梓「勉強したくないだけじゃないんですか?」

唯「ありゃ、バレちゃった」テヘ

梓「もう…」フフ


唯「あ!公園」

唯「ちょっと寄っていこうよ」

梓「いいですよ」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 16:48:51.54 ID:yxh+Uruf0

公園

唯「ブランコ乗らない?」

梓「子供じゃないんですから」

唯「子供料金」

梓「グサッ…」

唯「○ドリー○ミニオ○で私よりはしゃいでたよね」

梓「グサグサッ」

唯「はい、けってーい。拒否権はありません!」

梓「……もう、仕方ないです」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 17:28:49.43 ID:yxh+Uruf0

公園内・ブランコ

 キィコ キィコ…


        -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
      /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
     r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
    !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
   ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
  . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: | 
  /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
  |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
  |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
  |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::
  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
      |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
      |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
      l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|



 キィコ キィコ…

唯「どうかしたの?あずにゃん」

梓「あ、いや、ブランコなんて久しぶりだなーって」

 キィコ キィコ…

唯「あー、なんていうか、こうしてると童心に返るよね」


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 17:40:36.34 ID:yxh+Uruf0

  キィコ キィコ…

唯「このまま子供の頃に返りたいね」

梓「子供に返っても、また成長したら受験がありますよ?」クス

 キィコ キィコ…

梓「大体、時間なんて戻せる訳無いじゃないですか」

唯「そうだね」

 キィコ キィコ…

唯「……」

梓「……」

 キィコ キィコ…

梓(時間は戻らない、か)

梓(唯先輩は3年生。受験して、それから卒業…私達は離れ離れ)

梓(……わかってるけど、やっぱり嫌だな)

 キィコ キィコ…

唯「……」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 17:49:53.53 ID:yxh+Uruf0

  キィコ キィコ…

唯「……」

梓「……」


唯「ほっ」ガタッ


梓「唯先輩?」

唯「えへへ、子供の頃ね、和ちゃん達と一緒に遊んでた時にやってた必殺技があるんだ~」

唯「必殺技!」グォン

 ぐぉん ぐぉん

唯「見て見てあずにゃん!」グオン!

梓「ただの立ち漕ぎじゃないですか…」

 ぐぉん ぐぉん ぐぉん ぐぉん

梓「って…」

梓「あんまり勢いつけすぎると危ないです…!」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 17:57:34.86 ID:yxh+Uruf0

  ぐぉん ぐぉん

唯「しょりゃっ」タッ


 ぴょ~ん


タッ 唯「着地成功!」


梓「あ……」

唯「すごい!子供の頃より遠くまで跳べたよ!」

梓「あはは、ハァ…」

梓「もう。ケガしたらどうするんですか」

唯「大丈夫だよ~。子供の頃はよくやってたし」

梓「子供の頃とは違いますよ」

唯「えへへ…」



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 18:07:49.57 ID:I/N46317O


               _,..- 、_
            ,..: : :´: : : : : : :丶::ヽ 、
          /: : / : : : : : : : : : : : : : \へ、  
        ./: : : :/: : :/: : : : : :ト: : : : : : : : : ハ
       ./: : : : : /: ::/i : : : : : ::i \: : i: : : : : ハ
       / : : : : :/i : / i:/|: : : : : |  V: :|: : : : : : :|  
    _ /: : : /: /{: / . |/ レ : へi ヽV:: ト: : : : : : | 
   /: : /: : : :/: :i ヽi           V | : |: : :|└- 、
  / : : : : :|: : : : |: :|r≠ミ< /// r≠ミ< | : |: : : | : : : : ヽ   
 / / : : |:| : : : ト :| }  / / ´  /ヽ-、 || /|: : : i : : : : : ::ヽ       /    /   /  | _|_ ― // ̄7l l _|_
< : : フ: : |∧: : :ヽ V / /ニニニニ.ヽ  {  |レ/: : : :/: : : :ヽ: : : :>   _/|  _/|    /   |  |  ― / \/    |  ―――
 、: : :i : Ⅴ/ヽイ ./ ./ .(  ,-─-、 ) {  } \: /: : : : ト: : :/       |    |  /    |   丿 _/  /     丿
 ヽ : : : : : : ヽ二i .| |   ̄     ̄   } i ト/ ノ: : : : : : : i
  \V iヽ ト/  \ |           / レ ヽ´∧ ∧/
           ヽ ヽ、        { /   ´ Ⅴ 
              | >   <|´ ´ 〇
            _ /      | _
           ノ ├       ヽ┤ヽ_
       - ´ 〇 |         /  i `ヽ 、  
     /´     \ .\--   -- /  /     \





114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 18:19:07.74 ID:yxh+Uruf0

唯「でもね、私は変わらないよ。大人になってもずっと私のまま」

梓「?よくわかりません」

唯「んー、私にもよくわかんない!」テヘ

梓「なんですか、それ」クスクス

唯「えへへ…」

唯「もうそろそろ帰ろっか。憂も待ってるし」

梓「そうですね」

唯「ね、今日うちおいでよ」

梓「私はいいですけど、いきなりお邪魔して大丈夫ですか?」

唯「憂が3人分ごはんするって昨日言ってました!」

梓「なら拒否権はありませんね」クス


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 18:29:09.80 ID:yxh+Uruf0

唯「あずにゃん手だして?」

 にぎ

梓「あ…」(これって恋人繋ぎ…)

唯「ずっと私は私だから、ずっとあずにゃんの傍にいるよ」

唯「ね?だからちょっとくらい離れても平気だよ」

梓「唯先輩……」

梓(私の悩み、気付いててさっきから励ましてくれてたんだ…))



        -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
      /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
     r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
    !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
   ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
  . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: |  「ありがとうございます」
  /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
  |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
  |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
  |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::
  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
      |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
      |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
      l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 18:33:12.81 ID:yxh+Uruf0

梓(相変わらず言葉は不器用だけど、いつも私の事を見ててくれる。そんな唯先輩だから私は…)

唯「?うん?」

梓「なんでもないです」

唯「えー、教えてよーぅ」



        -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
      /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
     r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
    |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
    !:l:::::::/⌒|:::::::::://⌒|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
   ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i 「えへへ…」
  . !:::{从     ∨  r    V::::::|::::::::/::::: | 
  /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::|
  |:::::::: ′   ,     、   /:::::::「`)イ::::::::::::|
  |:::::::小、   '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
  |∧:::| l::> .. _     .イ::::::::::/  |:::::::::::::
  l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
      |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
      |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
      l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::




おしまい



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 18:34:33.89 ID:3EOnDecV0

乙乙

良い唯梓であった



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 18:35:34.35 ID:8Um+p/hLO

乙でした

良い話なのになんと言うホクにゃんw


最新記事
この記事へのコメント
  1. 名無おたさん 投稿日:2011年03月21日 21:07
  2. いい話なのにホクにゃんで台無しw





管理者にだけ表示
よろしく

ぶう 

管理人:ぶう 
TOP絵募集中

あーかいぶ

おせわになってます
リンク

<情報サイト>
<あんてな>
<2chまとめ>
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ぶひひひひ


無料レンタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。